姥の手掛け石

京都で渡辺綱(わたなべのつな)に片腕を切られた鬼が、綱の伯母に化けて腕を取り返し、逃げる途中に滑って転び手をついた跡だという伝説があります。
 姥の手掛け石2