Miyagi Explorer

宮城県南のパーフェクトガイド

『震災をキッカケに自分の人生を見つめた 無謀な男の運命のストーリー』能見俊也

473 views
約 5 分

『震災をキッカケに自分の人生を見つめた 無謀な男の運命のストーリー』能見俊也

交流民泊 /

『震災をキッカケに自分の人生を見つめた 無謀な男の運命のストーリー』能見俊也

宮城に来たのが、2004年4月。企業戦士。東京本社勤務でしたが、転勤で仙台オフィスに来ました。そこでは東北6県を担当しており、私は南3県のエリアマネージャーをしていました。 キッカケは東日本震災。 担当の宮城・福島は甚大な被害を受けて、電話が繋がらない中、東北6県約600人の従業員の安否確認など、震災から2ヶ月弱は震災対応の仕事を毎日していました。親戚を辿れば必ず亡くなった人がいる。毎日死と直面し睡眠時間も取れない、風呂にも何日も入ってない、髪の毛もベタベタ、食べ物だってカップラーメンしか食べてない、寒い…自らの身も心ボロボロでした。 そんな傍、本社スタッフは「迅速な報告を!」という事務的な言葉に憤りを感じました。 俺だって被災者なんだぞ…って。 そんな毎日を過ごしている中で「自分の人生、やりたい事をやってみたい!」と強く思う様になり、独立を考えはじめました。

その頃から身体の汚れが気になり、(入浴できないって精神衛生上とても良くないんですね)やっとインターネットが繋がって仙台市内外の風呂に入れる場所を探しまくり、唯一やっていたのが宮城蔵王の一ペンションでした。「元気に営業再開しました!」の言葉に、すがる思いで車を走らせました。もう人生最高の風呂でしたね。気持ちよくて、ご飯もご馳走になって。 そこでオーナーに「ペンションって憧れてるんですよ」ってぽろっと話をしたら「近くに売出しの物件あるよ!」と教えて頂きました。その時は震災対応で追われていたので、ここを見ることもなく、すぐ仕事に戻りました。ゴールデンウィークが明けた頃に、ふと思い出して建物を見に行きました。一目惚れして扱っている不動産業者、現オーナーの元へ仕事帰りによくお邪魔してペンションオーナーの仕事の話を聞かせて頂きました。そんな時間を過ごさせて頂き「あんたなら譲ってもいいよ。一緒に頑張ろう。」と売買の話も了承を頂きました。

開業した頃はなかなか予約も入らずに焦りました。予約サイトを充実させたり、団地にビラを配りにいったり、バイトで生活費を賄ったり。毎日不安で眠れない上、どう足掻いても売上が上がらない!支払いは容赦なくやってくる。このまま続けていけるのか?…そんな日々が続いていました。 苦しみ悩みながら営業しているペンション。そんな精神状態を見透かされている様な気もしていました。それはお客様も感じるんですね。 気力も薄くなり進退を考え始めていたころ、運命の出会いがありました。 彼女はとても思いやりのある優しい女性で、私の事を気遣ってくれました。ペンションのことについても相談すると、私に足りない細やかな部分、客観的な見方、センスのある空間作りや企画で新しい空気を吹き込んでくれました。トラブルがあっても冷静で、頼りになり、次第に公私ともに自分の心が前向きに、強くなっていきました。 仕事が楽しくなり、評判も上がり、最初はすごく細かった陽だまりの幹が、徐々に根をはり葉っぱも生えだし新芽が出る様になりました。 今の陽だまり、能見俊也があるのは彼女のおかげです。

施設紹介

源泉掛け流しで貸切もできる温泉です。美肌効果や疲労回復、冷え性やアトピーなど様々な効能に恵まれています。 お料理のこだわりは【地産地消】 宮城蔵王は「野菜」・「フルーツ」の宝庫。 「野菜本来の味がしますね!」「乳製品・果物が美味しい!!」と喜ばれていますよ。 それと、燻製を作ってるんです。燻製器も拘って手作り。ホームセンターで売ってる燻製器とはひと味違いますよ。

薪ストーブは、都会に住んでいる人からは珍しがられ羨ましがられます。 時には「本物ですか?」と聞かれることもありますよ。 遠赤外線でポカポカ。本当に暖まります。薪の手当には苦労しますけどね。

看板犬の愛くるしい2頭の大きなワンコ達。 もともとワンコ好きなのもありましたし、ペンションに憧れている頃から、絶対にワンコは必要だと思ってました。 黒ラブラドールの「ナップ」とゴールデンレトリバーの「ハル」の男の子です。犬好きにはとても喜ばれ、時々お客様と遊んでもらう事もありますよ。

交流民泊

能見さんとバカ話

  陽だまりの最大の交流は、何よりも僕との馬鹿話だと思っています。 嬉しいのが「オーナーっていろんな引き出しを持ってますよね」って言われたんですよ。いろんな会話ができるというか。理解してもらえるし、話が合うって。 ペンションや宿泊施設に来る方って【非現実】を求めて来る訳ですよね。陽だまりで【非現実】の空間で【現実逃避】を味わってもらえれば本望です。

蒔き割体験

あとは薪割り体験とかね。時折やりたいという人がいるんで、どうぞ助かりますよ~と手伝ってもらいます。

能見さんからのメッセージ

春は新緑でしょ、夏は避暑地の流星群、秋は紅葉、冬は真っ白の白銀の世界。 ここに住んでると四季をダイレクトに感じ、生きてるなと感じます。イチオシは冬です。 寒いけど外は真っ白!見たくない事を全て消し去ってくれる(笑)正に【現実逃避】 薪ストーブにあたりながら、ぼくとバカ話をしましょう! 陽だまりで【現実逃避】しましょう!!

予約はこちらから!

https://travel.rakuten.co.jp/HOTEL/136113/136113.html

474 views