Miyagi Explorer

宮城県南のパーフェクトガイド

白石城桜まつり

220 views
約 1 分

白石城桜まつり

イベント・祭り /

白石城

白石城(別名:益岡城、桝岡城)は、白石市の中心部(益岡公園)にあった平山城です。
仙台藩の南の要衝であり、関ヶ原の戦い後、明治維新までの260余年間、伊達家の重臣片倉氏の居城となりました。
明治7年に解体されましたが、伊達政宗の片腕として名をはせた片倉小十郎景綱の偉業を偲び、平成7年に三階櫓(天守閣)と大手一ノ門・大手二ノ門が史実に忠実に復元されました。

歴史探訪ミュージアム

白石城歴史探訪ミュージアムは、白石城のある益岡公園にあり、1階にはチケット販売窓口のほか、白石の地場産品と白石城のお土産を中心とした売店と、食事がとれるレストランがあります。

また、2階には展示室があり、白石城と周辺の城下町を復元した500分の1の模型や片倉家ゆかりの甲冑、刀剣、火縄銃など白石城のさまざまな視点から紹介する展示コーナーとなっております。

3階は、200インチの高輝度スクリーンでの3Dハイビジョン・シアターがあり、現在は2作上映しております。

武家屋敷

宮城県指定文化財の旧小関家の建つ後小路(うしろこうじ)は、白石城北、三の丸外堀にあたる沢端川に面した町並みで、現在も静かな住宅地です。

旧小関家は、後小路南側東端の屋敷で、宝暦11年(1761)の白石城下絵図に「小関右衛門七」とあります。この地は中級家中の屋敷であり、小関家は鬱蒼たる庭樹でおおわれ、前面、側面を清冽な水流が巡り、景観的にもすぐれたものがあります。

平成3年(1992)に、主屋・門・塀が小関家から白石市に寄贈されたのを機に全面的に修復されました。

  • 〒宮城県白石市 白石城・益岡公園

  • 電車・新幹線をご利用の場合
    東北新幹線 白石蔵王駅より車で5分
    東北本線 白石駅より徒歩10分


    車をご利用の場合
    東北自動車道 白石ICより約10分

  • 4月~10月9:00~17:00 11月~3月9:00~16:00

  • 一般300円(240円)、小学・中学・高校生150円(120円)、未就学児童無料 ※()内は20名様以上の団体料金です。事前予約等は不要。