Miyagi Explorer

宮城県南のパーフェクトガイド

交流民泊

Category
『地域資源を生かした、こもらない宿』Guesthouse66小林さん・武智さん

『地域資源を生かした、こもらない宿』Guesthouse66小林さん・武智さん

1534 views
宮崎県角田市にある『Guesthouse66』。人目をひくインスタ映えバッチリな内観のデザインで、愛称『66(ロクロク)』の名で親しまれるゲストハウスを経営されるお二人(小林さん・武智さん)に今回はインタビューさせていただきました。【小林さ...
『家族のように受け入れてくれる、第2のおじいちゃんおばあちゃん』小野夫婦

『家族のように受け入れてくれる、第2のおじいちゃんおばあちゃん』小野夫婦

347 views
母親が旅館をやりたいということで、昭和39年に学校が火事になったタイミングで、学校の跡地を民宿「松乃家」としてスタート。その後、昭和41年からお母様から小野夫婦にバトンタッチ。 我々は継ぐ気はなかったと。会社勤めをしていて、サラリーマンで生...
『自由に楽しく、遠慮せず。手作りパンでおもてなし』石川和子

『自由に楽しく、遠慮せず。手作りパンでおもてなし』石川和子

268 views
宮城県出身の石川和子さん。高校時代に山形県のとあるペンションを訪れたときから漠然と夢にみていた民泊を、9年前の2008年から宮城県蔵王町で経営しています。短大を卒業後、保母さんとして約10年間ほど勤めていました。勤めていた会社の経営状況が悪...
『ここがみんなのHome』佐藤 克幸

『ここがみんなのHome』佐藤 克幸

221 views
浜まつは佐藤さんの祖父母がはじめた民宿です。小さいころから民宿で育ってきた佐藤さんは、祖父母の仕事を見ているうちに、「将来は自分も民宿をやってみたい」と思うようになりました。浜まつはお客さんとの距離がとても近い民宿で、繁忙期には民宿の隣にあ...
『美味い素材をよりうまく』創業145年 老舗旅館6代目 菊池 正彦

『美味い素材をよりうまく』創業145年 老舗旅館6代目 菊池 正彦

236 views
明治5年(1872年)創業、宮城県亘理町で140年以上続く老舗旅館『中正旅館』の6代目である菊池正彦さん。夫婦二人三脚で30年近く旅館を営んでおり『美味い素材をよりうまく』をモットーに、素材そのものの味を生かした魚介料理を作り続けています。...
『震災をキッカケに自分の人生を見つめた 無謀な男の運命のストーリー』能見俊也

『震災をキッカケに自分の人生を見つめた 無謀な男の運命のストーリー』能見俊也

434 views
宮城に来たのが、2004年4月。企業戦士。東京本社勤務でしたが、転勤で仙台オフィスに来ました。そこでは東北6県を担当しており、私は南3県のエリアマネージャーをしていました。 キッカケは東日本震災。 担当の宮城・福島は甚大な被害を受けて、電話...
『山元町を人々が集まるいちご町へ』 須藤洋

『山元町を人々が集まるいちご町へ』 須藤洋

394 views
私は外食産業に長く従事し、店舗にまつわる仕事に関して下積みを続けてきました。その後、「食・食べ物」のエンターテイメント性を活用し、農業や一次産業をもっと盛り上げられる仕事を造りたいと、事業を立ち上げ独立をしました。店舗の開発・流通・販売まで...
『美味しいものはおいしいうちに』 播世英

『美味しいものはおいしいうちに』 播世英

273 views
宮城県蔵王町。山々に囲まれ季節の移り変わりに色なすこの場所に、30年以上変わらない美食と美しい洋ランをペットのワンちゃんと一緒に楽しめる、リピーター続出の天然温泉宿『らぶりぃ』があります。父親は中国人、母親は日本人の子として生まれたこと、も...
『足りないものはなにもない。余計なものも何もない。』義高光

『足りないものはなにもない。余計なものも何もない。』義高光

320 views
義高さんは理系の大学を卒業後、バブル期の半導体装置メーカーに就職しました。 PCの成長とともに好況が続いた半導体業界でしたが2002年頃のITバブル崩壊を機に、不況へと向っていきました。 そういった状況中で、これまでの経験を活かし義高さんは...
『宮城県南に吹く新しい風』戸田一大

『宮城県南に吹く新しい風』戸田一大

502 views
長野県出身の戸田さんは、廃校になった中学校を改装した宿泊施設民宿「そのつ森」の若きホストです。また一般社団法人宮城インバウンドDMOの中核メンバーとして多くの企画を推進しています。 大学生の頃から、戸田さんは将来起業して自分の組織を持ちたい...